検索
  • タナカカナコ

ウォークインって

更新日:1月30日


「ウォークインクローゼットが欲しいです」と多くのお客様は仰いますが、「入る分、ムダですよ」といつもご説明しています。

手前の方など、人が通る所に物は置けないので、収納量は結局、ウォークインしない普通のクローゼットと変わらない事が多いです。また、人が出入りするという事は、服に匂いも付くわけで。(これは気にならないお客様が多いのですが)

そう考えると、ウォークインクローゼットの中に更に、扉付きの収納が欲しいですね(笑)


服の収納については、

普段着ている服や脱いだばかりのコートは、空気が通る所に掛けて、

シーズンオフの服は匂いが付かない様、扉付きの収納の中に入れる。


つまり、

・気軽に服を掛けられる場所を設ける。(天吊りハンガーパイプを設けたりウォークスルークローゼットにしたり)

・ウォークインしないクローゼットを、廊下や通路に面して配置する

これを意識して設計しています。



とはいえ、ウォークインクローゼットのメリットは、

・衣替え(移動)しなくて良い

・家族分1部屋にまとめられるので便利(畳んだ洗濯物を配布する時など)

・扉分、コストカットになる


ですね。特に「扉分、コストカットになる」は設計上大きいので、ご予算を見ながら、ウォークインクローゼットをご提案する場合もあります。各部屋にクローゼットを置くと、その数量の扉(折れ戸など)が必要になりますが、扉という物は意外と安くはない為、その分のコストが浮くのは大きいです。

結論、ウォークインがあればALL OKという訳ではありません。

使いやすく片付いた家にする為にも、収納はある程度、分散する必要があります。

実際の生活動線も考えながら計画していきましょう。



□事例の詳細はこちら

01-箱の中に白い箱の家

04-Colorful

06-湘南リノベ

06-2湘南リノベ

14-gray white




□マイホーム(新築、リノベーション)のご相談はこちらまで